診療内容

治療内容

ご自宅・施設へ訪問時に
特別ご用意していただくものは
特にありません。
普段ご使用の椅子・ベッドでの
診療が可能です。

訪問歯科診療の受診は、ご自身で近くの歯科医院まで通院できない正当な理由がある方に限られます。
対象は“ご高齢で介護を受けている方”“お身体が不自由で通院が難しい方”で、「通うのが面倒」という理由や「通う時間がない」といった理由での保険診療は認められておりません。
訪問歯科診療で受けることができる治療内容は、主に下記内容となります。

  • 入れ歯の修理・調整・消毒
  • 新しい入れ歯の製作
  • 簡単な虫歯の治療
  • 歯石除去・お口の中の洗浄
  • 嚥下内視鏡検査・摂食嚥下リハビリテーション

私たちが皆様の「QOL(Quality Of Life)」サポートします! 押上ファースト歯科訪問診療部

私たちが皆様の
「QOL(Quality Of Life)」サポートします!(押上ファースト歯科訪問部一同)

嚥下内視鏡検査

ご自宅にいながら、
飲み込み機能(嚥下機能)の
検査を行えます。
誤嚥防止の為の
リハビリテーション指導の
指針となります。

鼻から約3mmの内視鏡(カメラ)を挿入し検査を行います。所要時間は15分から30分です。持ち運びができるため、訪問先のベッドの上でも検査ができます。
検査は患者様の鼻腔より内視鏡を挿入した状態で、実際に患者様に普段食べている食べ物・飲み物を召し上がって頂き、咽頭(のど)・喉頭(喉仏)の粘膜を直視しながら形態の評価や唾液・分泌物の貯留の有無を検査します。
その際、食べる前から咽頭の中が汚れていたり、唾液や分泌物の貯留状態を確認することで嚥下機能の低下の疑いを発見できることもあります。
使用する食品は普段食べている食事を使うことができますので「どの食材は残る感じがし、どの食材ならスムーズに飲み込める」など、食物の違いによる嚥下能力の違いを見ることもできます。

  • 咽頭内に痰や唾液等の貯留がないか
  • 食塊形成が行われているか
  • ホワイトアウトの確認
  • 食物の咽頭残留の有無
  • 食物の喉頭進入の有無
  • 進入があった場合、咳反射はあるか
  • 進入あった場合、咳払いで解消するか

訪問歯科診療でご自宅に持ち込む機材例

  • ポータブルユニット

    ポータブルユニット

    ポータブルユニットとは、歯科医院の診療台についている歯を削る器具や、水で吸うための器具が持ち運び可能に作られた機器です。
    スペースをさほど必要としない為、患者様のご自宅に持ち込み、椅子やベット横に設置して治療を行えます。
    (コンセントをお借りします)

  • ポータブルエンジン

    ポータブルエンジン

    ポータブルユニット同様、患者様のご自宅に持ち込み義歯の調整などを行う機器です。
    この機器を用いることで、義歯の欠損、破損などの修理をその場で行うことができます。
    (コンセントをお借りします)

  • ポータブルレントゲン

    ポータブルレントゲン

    歯科医院にて用いるレントゲン機器を持ち運び可能にした機器です。
    寝たきりの患者様にも使用できますので、わざわざレントゲン撮影の為に来院する必要はございません。
    (コンセントをお借りします)

  • 嚥下内視鏡

    嚥下内視鏡

    直径約3mmの内視鏡を鼻から入れて、飲み込みの機能を調べる機器です。
    摂食嚥下リハビリの為の状況観察に必要です。
    (コンセントをお借りします)

訪問歯科診療で用いる口腔ケアアイテム例

  • ハブラシ

    ハブラシ

  • スポンジブラシ

    スポンジブラシ

  • 保湿剤ジェル

    保湿剤ジェル

  • コンクールジェル

    コンクールジェル

  • バイトブロック

    バイトブロック

  • 入れ歯用ブラシ

    入れ歯用ブラシ

  • 入れ歯安定剤

    入れ歯安定剤

  • 入れ歯用洗浄剤

    入れ歯用洗浄剤

掲載の口腔ケアアイテムは、
当院でも販売しております。
ご希望の方は、
お伺いした訪問スタッフに
お声がけください。

ページトップ