歯科衛生通信

平成29年2月号 カムカム通信

2017/02/06

歯のコト・口のコト 
~ムシ歯のことって意外と知らない2~

ムシ歯を治す方法
1-2.溝の虫歯をシーラントで封じ込める

sealant乳歯や生えたての永久歯、特に6歳臼歯は溝も深く、生えている途中で虫歯になってしまいます。シーラントは初期の虫歯を閉じ込めて活動できなくし、含まれているフッ素で歯を固くして虫歯を治療します。また、深い溝を埋めて虫歯菌が繁殖する住みかをなくしてしまいます。

2.浅い虫歯を治療する方法
2-1.できるだけ歯を削らないで治療ができるコンポジットレジン

コンポジットレジンは柔らかい樹脂で光を当てると固まる材料なので、入り口が小さく中で広がっている虫歯も大きく削らずに、虫歯だけを取り歯の部分を残して詰めることができます。また、保険診療ででき、色も白いため、安くきれいな治療法です。ただし、プラスチックのため数年すると黄色く変色してきます。

2-2.保険の詰め物銀歯インレー

奥歯の歯と歯の間にできた虫歯に、歯を削って型を取り銀歯を詰める治療法です。機能的には問題はなく保険治療でできます。劣化が起こりやすいため数年すると歯と金属の間から虫歯になりやすくなります。

次号に続く

衛生士コラム

⑤~たかが歯磨き?されど歯磨き!~

歯科衛生士の木村です!
毎日しっかり歯磨きをしているつもりなのに虫歯や歯周病になってしまう。実は、きちんとブラッシングをしたつもりでも、実際正しくブラッシングが出来てない方がほとんどなのです!

磨いていると、 磨けているとでは違います!なかなか磨きにくい場所など、専門のスタッフがお手入れの手助けをさせていただき、患者さま一人一人に合った磨き方や清掃用具(歯ブラシ、フロス、歯間ブラシなど) をご提案致します!!!

普段気づかない自分の磨き癖や磨き残しが分かり虫歯予防や歯周病予防、口臭予防につながります!この機会にブラッシング方法を見直してみませんか?

☆基本のブラッシングの3原則☆

①持ち方:歯ブラシは鉛筆を持つ持ち方で
②当て方:歯茎に軽くブラシの毛先を当てる
③磨き方:細かい振動タイプの磨き方
(虫歯のできやすい部位は歯と歯茎の境目、歯と歯の間、噛み合わせる面です)

歯ブラシの基本はたった3ポイントだけです!磨き残しを防ぐために磨く順番を決め、
一筆書きの要領で鏡を見て確認しながら練習するのがおすすめです。

~もっと、上手に磨くために~

ブラシの当て方は一種類の方法では完全に歯垢は除去出来ないと言われています。
歯並びの具合に応じて歯ブラシを縦に使ったり、毛のつま先部分やかかと部分を使ったり、あるいは歯ブラシだけでは落ちにくい部分はデンタルフロスや歯間ブラシを使用したりします。
これらの方法を組み合わせ、試行錯誤しながら自分にあった磨き方を探していくことが大切です!!!

編集後記

身がかじかむとはまさにこの季節のことですね。皆さんこんにちは体調崩されたりしていないでしょうか?
実は私趣味でミツバチを飼って蜂蜜を作っているのですがこの時期はミツバチ達をどのように越冬させるか一番の肝の時期なんです。
短い命の彼らが越冬するだけでもそうとう大変です。
彼らの生命力に毎度驚きを隠せません。
今年は少し歯科通信ではありますがこの場をお借りしてミツバチの話も少しできたらと思います。
さてカムカム通信も始まって毎月100枚以上は必ず出るということでこれも皆さんのお力添えだと思います。
中身の向上を考え、もしも読んでくださった方で中身を作るのにアドバイスやご要望などございましたらお知らせください。
よろしくお願い致します。

編集 竹腰

ページトップ