歯科衛生通信

平成29年3月号 カムカム通信

2017/03/01

歯のコト・口のコト 
~ムシ歯のことって意外と知らない3~

(前号より)ムシ歯を治す方法
2-2-3.歯を長持ちさせるためのセラミックインレー

sealant乳歯や生えたての永久歯、特に6歳臼歯は溝も深く、生えている途中で虫歯になってしまいます。シーラントは初期の虫歯を閉じ込めて活動できなくし、含まれているフッ素で歯を固くして虫歯を治療します。また、深い溝を埋めて虫歯菌が繁殖する住みかをなくしてしまいます。

2.浅い虫歯を治療する方法
2-1.できるだけ歯を削らないで治療ができるコンポジットレジン

大人のむし歯の80%はやり直しの治療です。
セラミックは劣化することがないため、長く使うことができます。また、歯としっかり付くため取れることもほとんどない材料です。
審美性にも優れ、金属を使わないために歯や歯茎などが黒くなることもなく、金属アレルギーにもなりません。ただし強い力が加わると欠けることはあります。
保険外診療となり3万~5万円/1本になります。

2-3.神経の近くまで進んだ虫歯を治療する方法
2-3-1.最新:深い虫歯の神経を守るMTAセメント

MTA神経近くまで虫歯が進行してしまうと、神経を取る治療が必要になりますが、しかし取ってしまうと歯の寿命は短くなります。
MTAセメント治療は、神経に近い部分の虫歯を残して、セメントで保護し虫歯におかされた歯を堅くして、再生させることができる治療法です。
この材料によって飛躍的に神経を残せる確率が上がりました。

次号に続く

衛生士コラム

⑥始めましょう!自分にあった歯ブラシ選び!~Part1~

こんにちは!衛生士の木村です!
だんだん日差しも暖かくなり、春めいてきましたね。わたしは花粉症で辛い時期です…
今回は、気になる症状別におすすめの歯ブラシとその選び方についてお話します☆

①歯ぐきの出血が気になる方

軽度の歯ぐきの出血の場合はふつう~やわらかめの毛先が細い歯ブラシがおすすめです。
ただし毛先が細い歯ブラシは歯ぐきへの当たりが優しい代わりにコシのあるブラシと比較すると汚れをかき出す力が弱くなりがちです。

極細毛なのにしっかりコシのあるgenki fがおすすめです☆小さい歯ブラシが好きな方にはP10MやB10SやB20Sも人気です!

②着色が気になる方

黄ばみや茶しぶがつきやすい方は、ラウンド毛の歯ブラシがおすすめです。
毛先をカットし、面を丸く加工しているため清掃効率が高く、力を入れなくてもサッと汚れを落とすことができます。

極細毛のブラシと比べ細かいところへ毛先が届きにくいため、段差植毛してあるブラシを使ったり、他のケア用品を組み合わせるのがおすすめです!

当院ではB20MやB10Mが人気です。

次回は歯茎の腫れが気になる方、知覚過敏の方のおすすめ歯ブラシを紹介する予定です。

毎日使う歯ブラシは、自分に合ったものを選ぶことが大切です。迷ったときはぜひ当院のスタッフにご相談ください♪

編集後記

春の兆しがようやく感じながらもまだ続く寒い季節ですがいかがお過ごしでしょうか?
さて先月も私の趣味でミツバチを飼って蜂蜜を作っているなんていうお話をさせて頂きました。今月は蜂蜜のことを少しお話しできればと思います。
まず蜂蜜というのは人間が発掘した最古の保存食といわれるぐらい長持ちします。
化石で発見された1000年前の蜂蜜が可食できたというのですからすごいことですよね。蜂達が生きて行く中で必要なミネラル、ビタミン、アミノ酸、その他栄養素が豊富に含まれております。
毎食に小さじ一舐めで一日分の栄養が取れると言われております。
口のなかではよく口内炎ができた時に塗ると治りが早いのもこれだけ栄養素が含まれているなら納得ですよね。
大昔の人間がこれに気がついたかどうかは定かではないですが素晴らしい発見でしたね。

編集 竹腰

ページトップ