歯科衛生通信

平成30年10月号 カムカム通信

2018/10/01

歯のコト・口のコト 
~食欲の秋直前美味しく食べよう歯周病予防!歯周病シリーズVol.2~

 みなさんは、歯周病についてはっきりとした知識をお持ちでしょうか?
 簡単に言うと、顎の骨が溶けて歯がグラグラ揺れてしまう病気です。
 虫歯ならある程度の深さであれば抜かずに、詰め物で元通りに咬み合わせを回復することも可能ですが、歯周病にかかると治療には大変な労力が必要です。
 また重度の歯周病になると歯が抜け落ち、全身の健康に悪影響を及ぼします。
 前号では、歯周病の成り立ちについてお話しました。
 今月は、治療法をお話しますね。

歯周病(歯槽膿漏)の治療法
  • レントゲン撮影し、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の測定
  • お口の状態と治療方針の確認・歯石除去・ブラッシング指導
  • 推奨する方法での自宅ケアの経過を見ながら、治癒しない場合、①噛み合わせ調整②姿勢指導③栄養指導を行います。
  • その後改善が難しい場合は、PMTCと呼ばれるクリーニングをしながら経過を見てそれでも治癒しない場合、最終手段としてエムドゲイン療法と呼ばれる手術します。
    ブタの歯胚から抽出精製精製した薬を使用します。
歯周病(歯槽膿漏)の成り立ち

 歯周病は、長い期間を経て進行したものなので、治療も根気が必要です。
 治療途中でやめてしまって再度ご来院された時は、症状が悪化している事も少なくありません。
 歯周病の治療は歯科医院での治療だけでなく、患者様に正しい歯磨きや生活習慣の改善を根気よく継続して頂くことが重要です。
 ~次回、セルフチェック・再発予防についてお話します!~

訪問コラム ~摂食・嚥下障害のサイン~

 食べ物や水分を口の中に取り込んで、咽頭から食道、胃へと送り込むことがうまくいかなくなる摂食・嚥下障害がある人には、体型、筋肉の付き方、姿勢など、全身に及ぶ外見的な特徴がいくつか見られます。
 次のような様子が見られる方は、注意が必要です。

  • ひどくやせている

    筋肉が少ないと、のどの収縮力が低下して、飲み込みがうまくいかなくなることがあります。

  • のど仏がさがっている

    のどの筋肉が衰えると、のど仏の位置も下がるため、ゴックンと飲み込むときにのど仏を持ち上げるのに時間がかかるようになります。

  • 首に力が入っている・首の筋肉が硬い

    首がしなやかに動かないと飲み込みもスムーズにいきません。
    腹筋が弱まって首や肩で呼吸をしていたり、寝たきりで首が固まった状態になると飲み込みがうまくいかなくなります。

  • 猫背

    顔が前に出てあごが上がり、のどの筋肉が突っ張った状態になるので、飲み込みにくくなります。

摂食・嚥下障害のサイン

編集後記

 寒暖の差が激しく、去年は何を着てたかしらと慌ててタンスを漁りました。
 皆さんも、体調管理に気をつけて下さいね。

 今月の歯科トリビアです。
 「 歯が何度でも生まれ変わる生き物 ? 」
 先月号で【常に新しい歯を使うサメ】をご紹介しました。
 お伝えした通り、サメの歯は、ダメになったらまた新しい歯が生えるので、虫歯知らず歯医者泣かせな生き物です。
 でもその代わり、人間のように奥歯ですりつぶしてよく噛んで味わって食べることはできないのです。
 サメは人間でいう奥歯や親知らずがなく、獲物を切り裂いて丸呑みしてしまうからです。
 こう考えると、虫歯の心配がなく羨ましい気持ちはありますが、美味しい食事を自分の歯で味わえるということは、とても幸せなことですよね。
 人間は、乳歯から永久歯に生まれ変わってからは、その歯を一生使いますので大事にしたいですね。

 編集 竹腰

ページトップ