歯科衛生通信

平成31年6月号 カムカム通信

2019/06/01

歯のコト・口のコト 
~ 歯がしみる(冷たい水・熱いお湯) ~

 これから暑くなる季節、冷たい飲み物を飲む機会が増えると思います。
 冷水を飲んだら【歯がしみた】・温水を飲んだら【歯がしみた】という場合に、考えられる原因と一時的な対策を次の様にまとめましので、どうぞご覧下さい。

【こんな原因が考えられます】
1) たい水の場合は次のケースなどに起こります。

*歯ぐきが下がって歯の根っこが露出したケース(知覚過敏症など)
*つめ物などが取れたケース(二次う蝕など)
*つめ物は取れていなくても、周囲にむし歯ができたケース(二次う蝕など)
*つめ物やかぶせていても、元のむし歯が深いケース(歯髄炎の疑いなど)

2) 熱いもので痛む場合は、歯の神経が腐りかけて炎症を起こしているケース

(歯髄炎・歯根膜炎の疑いなど)

【こうしたら良いでしょう】

1) 歯磨きなどは、ぬるま湯が良いでしょう。はやめに歯科医院で知覚過敏かどうかなど診断してもらい、治療を受けましょう。

2) お湯でなく、冷たい水を使ってみましょう。ただ、一時的に症状が取れても治ったわけではないので、更にひどくなる危険があります。はやめに歯科医院で適切な治療を受けてください。

訪問コラム ~ 入れ歯でも、口腔ケアは必要なの!? ~

 入れ歯をを外した後の歯や粘膜のケアはどのようにされていますか!?
 入れ歯の場合、歯がないから掃除の必要はないと思われがちですが、粘膜や歯茎、舌の掃除は快適に入れ歯を使い続ける為にも、とても重要です。
 入れ歯をお口から外した際に、入れ歯が汚れていたら口腔内も同じだけ、またはそれ以上汚れていることを意味します。
 口腔内の細菌を減らし、健康なお口に近づくためには入れ歯だけではなく、粘膜のケアをきちんと行うことを意識してくださいね。

総入れ歯

 自分の歯が一本もなくても、お口の中のブラッシングは必要です!!
 入れ歯を外した後は口をよくすすぎ、柔らかい歯ブラシで歯肉や舌、上あごをブラッシングすると汚れが取れ、マッサージ効果もあり血行もよくなります。

部分入れ歯

 入れ歯を外した後、残っている歯を失うことがないようにしっかり磨きましょう。
 入れ歯の金具がかかる歯には特に汚れが残りやすいので、しっかり磨くこともポイントです。
 入れ歯と接している歯肉や上あごには食べかすや細菌などが付いていて、放っておくと歯肉炎などの原因になるのです。
 入れ歯をはめたままにすると、歯肉に負担がかかり血行が抑制されるので、寝るときは入れ歯を外して口腔ケアを行い、歯肉を休めるようにしてくださいね。

入れ歯でも、口腔ケアは必要なの!?

編集後記

 新元号「令和」スタートから早くも一ヶ月。
 世の中は少し落ち着いてきましたね。趣味の養蜂は今年も「新蜜」採れました。

 さて今月のトリビアは、【日本以外でもある永久歯のおまじない】です。
 昔から、「健やかな身体に育つように」と願いを込めたおまじないは、各地に多くあります。
 上の乳歯を床下へ、下の乳歯を屋根上へ投げるのは、生えてくる永久歯をその投げた方向へ導いてくれる様に、というおまじないです。
 その際「ネズミの歯の様に強くなーれ!」と願いを掛けることも多いそうです。
 ネズミの歯が伸び続けることにあやかったのでしょう。
 同様のおまじないは世界各地にもあり、お願いする相手も、小鳥、カラス、お月様、聖ヨハネなど多様です。
 又、お日様に向かって投げたり畑に埋めたり、ネズミの巣穴に入れたりパンに埋め込んで動物に食べさせたりと方法も様々です。
 欧米には抜けた乳歯を枕下に置いて寝ると、歯の妖精「トゥース・フェアリー」が集めに来て、代わりにコインを置いていく、伝えがあります。
 妖精は、きれいな乳歯しか持って行かないので、むし歯予防の戒めになっていたそうです。

 編集 竹腰

ページトップ